TOP > 院長のごあいさつ

院長からのごあいさつ

『医療・介護のあらゆる種類のサポートを通じて地域社会に貢献します』

私たちはこの病院理念のもと、地域社会に根ざした、皆さまに愛される病院作りをして参ります。
そのために以下の四つの柱に重点を置いています。

【救急医療】
通年で約1800件の救急搬送を受け入れ、地域の救急診療に貢献できるように努めています。
心臓カテーテル治療 や手術(外科、脳外科、整形外科)などの高次医療にも応えられる病院となっています。

【血液透析】
入院のみの対応ではありますが、血液透析治療を行っています。
血液透析治療をグループ全体でサポートします。

【リハビリ】
失われた機能の回復をうながし社会復帰の援助をします。
飲み込む機能が低下した人は誤嚥性肺炎の危険性が高まるため、摂食嚥下障害のリハビリにも力を入れています。
リハビリテーション室は十分なスペースと設備を充実させ、入院・通院とも質の高いリハビリテーション医療を提供
して参ります。

【地域連携】 他病院との連携を積極的に行い、自宅復帰が困難な場合は当院にて受け入れを行い、在宅復帰支援をさ
せていただい ております。
平成28年1月より障害者病棟をオープンし、より重症な方の受け入れも可能となりました。

明生病院はスタッフ一丸となってより良い医療を提供し、患者さんやご家族、地域や社会に必要とされ頼られる病院
でありたいと思っています。

明生病院 院長 久恒 洋